ヘルスデーニュース

ヒトパピローマウイルスは心疾患にも関連か

  • 文字
  • 印刷

 ヒトパピローマウイルス(HPV)の一部のタイプは、子宮頸がんなどのがんの原因となることが知られている。こうした「高リスク型」の一部のウイルスは心疾患や脳卒中などの心血管疾患(CVD)の発症にも関連する可能性があることが、「Circulation Research」2月7日オンライン版に掲載された研究で示された。これらの関連は主に肥満やメタボリックシンドロームの女性で強く認められたという。

 HPVは200種類以上あるウイルスの一群で、その一部は性行為により感染して性器のいぼの原因となるほ…

この記事は有料記事です。

残り1384文字(全文1631文字)