健康に暮らす“子ども食堂”の時代―親と子のSOS―

子どもの食格差生む「給食空白地帯」をなくせ

可知悠子 / 北里大学講師

子どもの貧困と肥満(中編)

 前回は、低所得の親が増える中、子どもたちの間で「食格差」や健康格差が生じている実態を紹介しました。また、低所得家庭の子どもに肥満が多いことが国内外の研究で明らかになっていることもお伝えしました。低所得家庭では野菜、果物、肉、魚類を食べる頻度が低く、安くて高カロリーの菓子やカップ麺を食べる頻度が高いためです。日々成長している子どもの食格差への対策は、“待ったなし”です。「子どもの貧困元年」と呼ばれる2008年以降、高校授業料無償化や幼児教育・保育無償化などで政策の進展がありましたが、食に関する政策は立ち遅れています。子どもたちの豊かな「食」を保障するために、政策面で何ができるでしょうか。その答えの一つが「学校給食」の完全実施です。今回は食格差対策のポイントを押さえ、給食の意義についてみなさんと一緒に考えます。

この記事は有料記事です。

残り2314文字(全文2686文字)

可知悠子

可知悠子

北里大学講師

かち・ゆうこ 東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。2006年から10年間、臨床心理士として子どもや女性のカウンセリングにあたる。帝京大学医学部衛生学公衆衛生学講座助教、日本医科大学衛生学公衆衛生学教室助教を経て、18年4月から北里大学医学部公衆衛生学単位講師。東京大学大学院医学系研究科公衆衛生学教室客員研究員、国立成育医療研究センター社会医学研究部共同研究員、首都大学東京客員准教授。共著に「子どもの貧困と食格差~お腹いっぱい食べさせたい」(大月書店)。自身も3歳児の子育て中。労働者とその子どもの健康の社会格差をテーマに研究を行っている。

イチ押しコラム

理由を探る認知症ケア
 

「家に帰りたい」は単なる帰宅願望ではなかった!?

 ◇「家に帰りたい」と言い続けるB子さん 最愛の夫を亡くしたことをきっかけに、認知症による混乱が増えてしまったB子さん。子どもたち…

ボストン発 ウェルエイジング実践術
玄米ごはん定食。論文によると、日本の食事で、死亡に影響している問題点は、1位が塩分過剰、2位は全粒穀物(玄米など)の不足だった

年1100万人を死なせる世界「不健康な食事」ランク

 全世界で年間1100万人、成人してから亡くなる人の5人に1人が、不健康な食事が原因で亡くなっている。喫煙や高血圧による死者より多…

無難に生きる方法論
 

「うつ病に効果あるかも」お笑いと健康の関係は

 明るく楽しく過ごすことが健康につながり、がんや高血圧、糖尿病の治療に良い効果があることはよく知られている。例えばがんと診断され、…

実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-
さまざまな情報が氾濫するインターネットの世界

ワクチンへの「否定」も「理解」も生んだネット情報

 ◇理解してから接種する--「ワクチン」の本当の意味と効果【36】 かつて日本でも猛威を振るった天然痘の根絶宣言が世界保健機関(W…

超高齢化時代を生きるヒント
東京都福生市の公立福生病院=2019年3月8日、本社ヘリから

「命は誰のものか」を深く問いかける透析中止問題

 人工透析を受けていた44歳の女性患者が、東京都福生市の公立福生病院の医師に透析中止の選択肢を示され、中止を選んだ後、死に至りまし…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア