副作用があるとして「この薬は飲み続けてはいけない」などと紹介する週刊誌の特集記事
副作用があるとして「この薬は飲み続けてはいけない」などと紹介する週刊誌の特集記事

健康に暮らすあなたのおくすり手帳

「週刊誌の薬情報」をしのぐかかりつけ薬局の実力

高垣育 / 薬剤師ライター

薬局を知って賢く活用する(後編)

 週刊誌やインターネットのニュースで時々、薬に関するネガティブ(否定的)な情報が報じられます。それを目にすると不安になりますよね。自分と同じ薬を飲んでいる知り合いに副作用が起きたと聞けば、薬を飲み続けても平気なのかと心配になるでしょう。そんな時に力を発揮するのが、かかりつけ薬局です。かかりつけ薬局を決め、自分のお薬情報を1カ所で管理してもらえば、前編でお伝えした通り、薬剤師は患者さんとの会話で蓄積した情報をもとに、患者さんの不安を解消し、安心して薬物療法の情報を提供することができます。かかりつけ薬局を持つことのさまざまなメリットを、前編に続き、アップル薬局(熊本市)代表取締役で熊本大学薬学部臨床教授の山本雄一郎さんに聞きました。

この記事は有料記事です。

残り2575文字(全文2909文字)

高垣育

高垣育

薬剤師ライター

たかがき・いく 1978年福岡県生まれ。2001年薬剤師免許を取得。調剤薬局、医療専門広告代理店などの勤務を経て、12年にフリーランスライターとして独立。毎週100人ほどの患者と対話する薬剤師とライターのパラレルキャリアを続けている。15年に愛犬のゴールデンレトリバーの介護体験をもとに書いた実用書「犬の介護に役立つ本」(山と渓谷社)を出版。人だけではなく動物の医療、介護、健康に関わる取材・ライティングも行い、さまざまな媒体に寄稿している。17年には国際中医専門員(国際中医師)の認定を受け、漢方への造詣も深い。

イチ押しコラム

実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-
 知られたくない恋もある

麻疹・風疹防ぐには「私生活公開」よりワクチンで

 2016年夏をほうふつさせるような麻疹の流行が広がっています。日本は15年に世界保健機関(WHO)から「麻疹の排除状態」にあると…

無難に生きる方法論
名古屋大に合格し胴上げされる受験生=名古屋市千種区で2019年3月9日、大西岳彦撮影

不登校の子から医師に届いた「桜咲く」の知らせ

 不登校の子どもの世話をしていると、毎年3月はうれしい知らせが届く。中学や高校で不登校になった子どもたちが何とか学業を維持し、一番…

理由を探る認知症ケア
 

「お風呂には入りません」拒否行動の真の理由は

 ◇デイサービスでお風呂を断るNさん 軽いアルツハイマー型認知症のNさん(80代女性)は、長女一家の隣の家で1人暮らしをしています…

ボストン発 ウェルエイジング実践術
 ファストフードも「超加工食品」の一種だ

大人気だが寿命を縮める?「超加工食品」とは

 「超加工食品」という言葉をご存じでしょうか。大ざっぱにいうと、大量生産されてさまざまな加工が施され、調理しなくても簡単においしく…

超高齢化時代を生きるヒント
 

技量も経験もない「かかりつけ医」という幻想

 「かかりつけ医を持ちましょう」――。こんな言葉を聞いたことがあると思います。厚生労働省や医師会は、かかりつけ医を持つことを推進し…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア