ヘルスデーニュース

局所鎮痛薬の配合クリーム剤は本当に効くのか?

  • 文字
  • 印刷

 慢性的な痛みに対して局所鎮痛薬は広く汎用されているにもかかわらず、疼痛緩和に有効とするエビデンスはほとんどみられないことが、米ウォルター・リード国立軍事医療センターのSteven Cohen氏らの研究で明らかになった。「Annals of Internal Medicine」2月5日オンライン版に掲載された研究では、配合クリーム剤の局所鎮痛薬にプラセボを上回る有効性は認められなかったという。

 局所鎮痛薬の価格はチューブ1本当たり20ドル(約2200円)から数千ドルに上り、米国では年間数十億ドルもの費用がかかるとみられている。Cohen氏らによれば、米国成人の3人に1人が慢性的な痛みを抱えており、それによる直接的および間接的な医療コストは年間で約6000億ドル(約650兆円)にも上るという。なお、局所鎮痛薬には、麻酔薬や鎮痛薬、鎮静薬、抗うつ薬、抗けいれん薬、筋弛緩薬などが一種類あるい…

この記事は有料記事です。

残り1028文字(全文1427文字)