医療・健康Tips

目の痛み、頭痛、肩こり…それは眼精疲労かも?

  • 文字
  • 印刷

 目を酷使することが多い現代社会では、目の痛み・頭痛・肩こりといった眼精疲労の症状に悩む人も少なくありません。ですが、これらの症状は、普段のちょっとした心がけで予防・改善できます。自分の症状が眼精疲労に当てはまるのかどうかを知り、必要な対策をしていきましょう。

疲れ目と眼精疲労の違いって?

 眼精疲労とは、目を使う作業を続けることにより、目の奥の痛み・目のかすみ・まぶしさ・充血といった症状や、頭痛や肩こりなど、全身の症状が見られる状態を指します。疲れ目は一晩休めば自然に回復するのに対し、眼精疲労は翌日以降まで持ち越し、休息や睡眠をとっても治らないのが特徴です。

 次のような症状や生活習慣に心当たりがある人は、眼精疲労の可能性があるといえます。つらい症状が続く場…

この記事は有料記事です。

残り3315文字(全文3648文字)