ヘルスデーニュース

認知症患者の腸内には「種類不明の細菌」が多い

  • 文字
  • 印刷
認知症予防を目指してゲームをする人たち
認知症予防を目指してゲームをする人たち

 日本人の高齢者では、腸内細菌の組成は認知症と関連している可能性があることが、国立長寿医療研究センター(愛知県)もの忘れセンターの副センター長を務める佐治直樹氏らの研究で明らかになった。認知症患者と認知症のない高齢者では、腸内細菌の組成に大きな違いがみられたという。研究結果は、国際脳卒中学会(ISC 2019、2月6~8日、米ホノルル)で発表され、論文は「Scientific Reports」1月30日オンライン版に掲載された。

 この研究では、同センターの高齢の患者128人から採取した便検体を分析した。その結果、認知症患者は、…

この記事は有料記事です。

残り1278文字(全文1545文字)