医療プレミア今日のセカンドオピニオン

「手がふるえる」高齢者の15%が発症する病気とは

【Q】手がふるえて思うように字が書けず、会食の時にはしが持てません。医師に「本態性振戦(ほんたいせいしんせん)」と診断されましたが、どうなるか心配です。(千葉県、女性、78歳)

【A】症状が軽く、日常生活に支障が出ない場合は薬を服用するか、経過を観察します。日常生活の動作も難しくなった場合は、手術も含めいくつかの選択肢があります。神経内科の専門医に相談してみましょう。

 本態性振戦は、自分の意思に反して手や足がふるえる病気です。脳から末端への神経回路に何らかの異常が起きていると考えられますが、詳しい原因は分かっていません。高齢になるほど増え、65歳以上の15%が発症しているとされています。「手がふるえて字がうまく書けない」「茶わんやコップを持つと手がふるえる」のが特徴です。パーキンソン病と違い、手を動かさない時はふるえず、手足のこわばりや歩行障害もありません。

 症状が軽く、日常生活に支障が出ない場合は薬を服用するか、経過を観察します。公的保険で認められた薬は…

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文1009文字)

イチ押しコラム

無難に生きる方法論
 

子どもの肩こりとぜんそくは「不登校サイン」かも

 不登校の子どもの治療をしていると、患者とその親の知り合いやうわさを聞きつけた人から「うちの子どもも治療してほしい」と頼まれること…

実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-
 知られたくない恋もある

麻疹・風疹防ぐには「私生活公開」よりワクチンで

 2016年夏をほうふつさせるような麻疹の流行が広がっています。日本は15年に世界保健機関(WHO)から「麻疹の排除状態」にあると…

理由を探る認知症ケア
 

「お風呂には入りません」拒否行動の真の理由は

 ◇デイサービスでお風呂を断るNさん 軽いアルツハイマー型認知症のNさん(80代女性)は、長女一家の隣の家で1人暮らしをしています…

ボストン発 ウェルエイジング実践術
 ファストフードも「超加工食品」の一種だ

大人気だが寿命を縮める?「超加工食品」とは

 「超加工食品」という言葉をご存じでしょうか。大ざっぱにいうと、大量生産されてさまざまな加工が施され、調理しなくても簡単においしく…

超高齢化時代を生きるヒント
 

技量も経験もない「かかりつけ医」という幻想

 「かかりつけ医を持ちましょう」――。こんな言葉を聞いたことがあると思います。厚生労働省や医師会は、かかりつけ医を持つことを推進し…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア