現代フランス健康事情

「私のせいじゃない」自分を責めないパリ健康法

竹内真里・パリ在住ライター
  • 文字
  • 印刷
リヨン駅の外観。主にパリと南仏方面を結ぶ鉄道が発着する=筆者撮影
リヨン駅の外観。主にパリと南仏方面を結ぶ鉄道が発着する=筆者撮影

春、パリで暮らし始める人たちへ(前編)

 入学や就職、転勤、引っ越しで新しい環境に身を置く春。期待と不安が入り交じり、環境の変化に慣れるのに時間もかかるだろう。留学、仕事や国際結婚で生活拠点が海外に移る人もいる。文化や慣習、価値観、風土が異なる土地で心身の健康を保つにはどうすればいいか。個人的体験なのですべての人にあてはまるわけではないが、筆者が経験したカルチャーショックの例と、自分を責めず、ややこしい人間関係にわずらわされない「めげないメンタル」を身に着けるためのヒントを紹介する。

この記事は有料記事です。

残り2802文字(全文3045文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

竹内真里

パリ在住ライター

1978年千葉県生まれ。2000年から2002年までフランス南部マルセイユに滞在。その後、東京や香港でライターとして取材・執筆に従事。2015年に再びフランスへ。現在はパリ市内でフランス人の夫、娘と暮らしながら現地情報を発信している。