ヘルスデーニュース

米国で美容整形手術が増加「豊胸手術」が最多

  • 文字
  • 印刷

 米国形成外科学会(ASPS)が3月11日、新たに発表した統計報告によると、2018年に米国で実施された外科的および低侵襲的な美容整形手術は1770万件を超え、前年比で約25万件増加したことが分かった。特に、豊胸手術や脂肪吸引手術といった体型矯正を目的とした手術に加えて、非侵襲性の脂肪除去術が急増していることも明らかになった。

 ASPSの報告書によると、美容整形手術の施行件数は過去5年間で着実に増加しているという。18年に実施された180万件以上の美容整形手術のうち、上位5つは、豊胸(31万3735件、前年比4%増)、脂肪吸引(25万8558件、前年比5%増)、鼻の整形(21万3780件、前年比2%減)、まぶたの整形(20万6529件、前年比1%減)、腹部の整形(13万81件、前年から横ばい)であった。豊胸手術や脂肪吸…

この記事は有料記事です。

残り582文字(全文946文字)