現代フランス健康事情

「協調性なしパリ新生活」も友人作れば怖くない

竹内真里・パリ在住ライター
  • 文字
  • 印刷
だらだら過ごすのが得意なフランス人たち=筆者撮影
だらだら過ごすのが得意なフランス人たち=筆者撮影

 春、海外や新しい土地で暮らし始める人が、心身の健康を保つにはどうしたらいいかを前回お伝えした。渡仏した時に感じた私のカルチャーショックから、フランス人の「自分を責めない」「自分に忠実になる」といった生き方がヒントになるかもしれないと考えたからだ。今回は、海外など新しい土地で暮らすために大切なことをお伝えしたい。

 多くのフランス人は、まず自分の気持ちを優先し、安易に他人のいいなりにならない。「自分と他人の区別、境界線」をしっかり引いているから、繊細で共感力が強く、協調性を重んじる日本人がフランスのような国に来ると、自他のせめぎあいの激しさで疲れるかもしれない。

 カルチャーショック、ひどい経験が続くと自宅にこもりがちになる。不調が出たら無理をせず、現地の日本語対応の相談機関に連絡してみよう。できるだけ社会とのつながりを持ち、孤独、孤立状態になることは避けよう。そのために、日本人コミュニティーも含め、複数のコミュニティーに顔を出し、顔見知りを作っておくことをお勧めしたい。

この記事は有料記事です。

残り1912文字(全文2352文字)

竹内真里

パリ在住ライター

1978年千葉県生まれ。2000年から2002年までフランス南部マルセイユに滞在。その後、東京や香港でライターとして取材・執筆に従事。2015年に再びフランスへ。現在はパリ市内でフランス人の夫、娘と暮らしながら現地情報を発信している。