ヘルスデーニュース

緑地近くに住むと心筋梗塞リスクが低下する?

  • 文字
  • 印刷

 森林や緑に囲まれて老後を過ごすのは見るからに気持ちよさそうだが、心臓にとっても好ましい可能性があるようだ。米マイアミ大学医学部公衆衛生科学・建築学のScott Brown氏らによる研究で、マイアミ・デイド郡の最も緑地環境が豊かな地域に住む65歳以上のメディケア受給者約25万人では、最も緑の少ない地域に住む人と比べて、急性心筋梗塞(こうそく)を発症する可能性が25%低いことが分かった。

 詳細は、米国心臓協会(AHA)が主催する疫学や予防医学などに関する学会(EPI/Lifestyle 2019、3月5~8日、米ヒューストン)で発表され、「Journal of the American Heart Association」3月5日オンライン版に掲載された。

この記事は有料記事です。

残り1536文字(全文1867文字)