医療・健康Tips

痛くなったらどうする? 親知らずのケアと治療

  • 文字
  • 印刷

 親知らずは、トラブルを起こしやすい歯です。一番奥に生える歯で、「第三大臼歯」または「智歯」と呼ばれます。基本的に永久歯が生えそろった後、10代後半から20代にかけて生えてきます。上下左右に最大4本生える可能性がありますが、他の歯と比べて生える時期や生え方などの個人差が大きく、歯が形成されず存在しない先天性欠損の人もいます。咀嚼(そしゃく)の大部分は親知らずの手前の二本の奥歯(第一大臼歯と第二大臼歯)が担っているといわれ、親知らずが生えなくても噛む力や生活面での問題はありません。

この記事は有料記事です。

残り2897文字(全文3140文字)