ヘルスデーニュース

女性の尿失禁には薬物療法よりも行動療法が有効?

  • 文字
  • 印刷
走る女性たち。尿漏れが減量で改善することもあるという
走る女性たち。尿漏れが減量で改善することもあるという

 尿漏れに悩む女性にとって、薬物療法よりも行動療法の方が症状改善に有効なことが、米ニューメキシコ大学女性泌尿器科のPeter Jeppson氏らが実施した研究から明らかになった。研究の詳細は「Annals of Internal Medicine」3月18日オンライン版に発表された。

 米国立衛生研究所(NIH)によると、女性のほぼ半数は、生涯に一度は尿漏れを経験する。尿失禁は男性でも見られるが、発症頻度は女性の方が高く、特に妊娠中や出産後、閉経後に発症することが多いという。

 今回、Jeppson氏らは、妊娠していない女性を対象に薬物療法と行動療法などの非薬物療法の有効性を…

この記事は有料記事です。

残り1351文字(全文1642文字)