今日のセカンドオピニオン

「一年中セミが鳴いてるよう」加齢性の耳鳴りとは

  • 文字
  • 印刷

 加齢の耳鳴りは多くの場合、「ジー」「ミーン」「キーン」といった高音系の音が持続し「一年中、セミが鳴いているよう」と表現されます。ところが、中には意外な音色を訴える患者もいます。「パチパチ」「ビリビリ」など電気がショートしたような音色で、さらに周期的(間欠的)に鳴るのが特徴です。質問者のような「ジャー」という音も同様の例と考えられます。

 こうした音は動脈硬化などにより、蛇行した血管が神経を圧迫すると起きるとされ、聞こえや平衡感覚をつかさどる「第8脳神経」に近くの血管がぶつかって発症する「神経血管圧迫症候群」の可能性があります。まれな疾患ですが、確定診断のためには、詳細な検査が必要です。

この記事は有料記事です。

残り593文字(全文889文字)