眠りを知れば人生危うからず

10連休にトライ「本当に必要な睡眠時間を知る方法」

内村直尚・久留米大学学長
  • 文字
  • 印刷
 
 

 本連載では成人の場合、必要な睡眠時間は6~8時間と繰り返しお話ししています。やや幅があるのは、睡眠は個人差があるので一概に○時間と決められないからです。ただ、このように説明すると、「自分に必要な睡眠時間は正確には6~8時間のうち、どのくらいなのだろうか?」と気にする人が必ずいます。前回お話ししたように睡眠時間を厳格に気にしすぎるのは良くないのですが、どうしても気になってしまう性格の人もいます。世の中は10連休ですが、この大型連休期間に自分に必要な睡眠時間を調べられる方法がないわけではありません。

この記事は有料記事です。

残り2305文字(全文2556文字)

内村直尚

久留米大学学長

うちむら・なおひさ 1982年、久留米大学卒業。86年に久留米大学大学院医学研究科修了(医学博士)後、87年5月~89年4月に米国Oregon Health Science Universityへ留学。帰国後、久留米大医学部神経精神医学講座の助手、講師、助教授を経て、2007年4月から同講座教授に就任した。11年4月~13年3月、久留米大学病院副病院長。12年4月から久留米大学高次脳疾患研究所長、13年4月から同大医学部長を務め、20年1月からは同大学長。国内トップレベルの睡眠医療チームを率いる睡眠研究の第一人者。著書(分担執筆)に「睡眠学」(朝倉書店)、「プライマリ・ケア医のための睡眠障害」(南山堂)など。