医療プレミアニュース

「どうする? 肩と膝の痛み」スペシャリストが教えます

医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
肩や膝の痛みにはさまざまな原因があり、それに合わせた治療法があります
肩や膝の痛みにはさまざまな原因があり、それに合わせた治療法があります

毎日メディアカフェ医療セミナー/東京・立川市で5月26日

 中高年の肩の痛みといえば五十肩、膝の痛みといえば変形性膝関節症と思い込んでいませんか? 五十肩は自然に治るのを待つだけ、変形性膝関節症はヒアルロン酸注射か人工関節だと思い込んでいませんか?

 実は肩や膝の医学はもっと複雑です。このセミナーでは、肩と膝を専門に長年患者さんに向き合ってきた整形外科専門医、守重昌彦・ぜんしん整形外科立川スポーツリハビリクリニック院長が「肩の痛みは五十肩? 膝の痛みは変形性関節症?~実は繊細な整形外科診療~」と題して講演します。

整形外科医の守重昌彦さん
整形外科医の守重昌彦さん

 本当の病名に結び付く繊細な診断プロセスや、多彩な治療法を紹介します。治ることをあきらめていた肩や膝の痛みが解決するかもしれません。

 また、同クリニック・リハビリテーション科主任で、理学療法士の綿貫翔太さんが「肩や膝の痛みを防ぐ、自分で治すセルフケア」と題して講演し、セルフケアの実技指導をします。

理学療法士の綿貫翔太さん
理学療法士の綿貫翔太さん

日時:2019年5月26日(日)午後2時~3時半

会場:立川グランドホテル3階「ベリタ」(東京都立川市曙町2-14-16)

 開場は午後1時半、定員100人。毎日メディアカフェのウェブサイトから予約できます。

守重昌彦(もりしげ・まさひこ):1974年生まれ、東京都立川市出身。神戸大学医学部医学科卒業、東京大学医学部整形外科学教室入局。以降、JR東京総合病院、水戸赤十字病院、関東労災病院などを経て、2008年武蔵野赤十字病院整形外科、13年同科副部長。15年あんしん病院整形外科。18年6月ぜんしん整形外科立川スポーツリハビリクリニック開院。日本整形外科学会認定専門医、日本整形外科学会認定スポーツ医、日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医、日本体育協会公認スポーツ医。日本オリンピック委員会強化スタッフ(医・科学スタッフ)。ソフトテニス技術等級1級、全日本スキー連盟技術等級1級。

綿貫翔太(わたぬき・しょうた):2008年日本リハビリテーション専門学校卒業。医療法人錦昌会千葉こどもとおとなの整形外科設立メンバーとして入職。千葉整形外科リハビリテーション研究会の一員として運営も行う。13年医療法人葦の会石井クリニックに入職。17年外来部門主任に就任。18年から、ぜんしん整形外科立川スポーツリハビリクリニック・リハビリテーション科主任。

医療プレミア・トップページはこちら

医療プレミア編集部

毎日新聞医療プレミア編集部は、国内外の医師、研究者、ジャーナリストとのネットワークを生かし、日々の生活に役立ち、知的好奇心を刺激する医療・健康情報をお届けします。