ヘルスデーニュース

14歳未満で一つの競技に専念するとけがをしやすい?

  • 文字
  • 印刷

 若い運動選手は、14歳になる前に一つのスポーツ競技に専念するとけがをしやすい可能性があることが、米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)整形外科のBrian Cash氏らの研究で明らかになった。研究の詳細は、米国整形外科スポーツ医学会(AOSSM)および北米関節鏡学会(AANA)の合同会議(AOSSM/AANA Specialty Day、3月16日、米ラスベガス)で発表された。

 米国では、約6000万人の子どもが団体スポーツに参加している。このうち14歳までに特定の競技に専念…

この記事は有料記事です。

残り994文字(全文1239文字)