今日のセカンドオピニオン

「痛みで開脚ができない」変形性股関節症とは

  • 文字
  • 印刷

【Q】ダンスを習っています。開脚ができず股関節に痛みもあります。変形性股関節症、骨粗鬆(そしょう)症と診断されました。注意点を教えてください。(東京都、女性、57歳)

【A】年齢を考慮すると、自覚症状をにらみつつ、当面は好きなダンスを継続するのはいかがでしょうか。自身の股関節を大事に使いつつ、限界が来たら人工関節手術を受けるという選択も可能です。

 正常な股関節は、丸い形状をした大腿(だいたい)骨の骨頭が、骨盤側の丸いおわん状の部分(臼蓋(きゅうがい))にはまり、くるくると滑らかに動きます。ところが変形性股関節症では臼蓋が小さすぎたり、変形したりして関節軟骨が損傷し、違和感や痛みが生じます。日本の患者の多くには、臼蓋の形成不全があり、特に中高年の女性からの訴えが目立ちます。

 治療は、症状や関節症の進行度に合わせて考えます。痛みが一時的の段階では股関節への負担を減らすため、…

この記事は有料記事です。

残り618文字(全文1008文字)