医療・健康Tips

強度近視による視力の低下に要注意!

  • 文字
  • 印刷

 極端に視力が低下する強度近視(病的近視)の患者は、約20人に1人と推計されており、決して珍しい病気ではありません。さまざまな目の異常を伴うことが多く、進行すると失明の原因にも。いったいどんな病気なのでしょうか。

 一般的な近視はメガネやコンタクトレンズで矯正すれば、日常生活に大きな支障がないことがほとんどです。しかし、強度近視(病的近視)による視力の低下は矯正しても改善されず、失明の危険も伴います。

 眼球は通常、正視の状態で24mm前後の球形ですが、強度近視では後方に引き伸ばされ、眼球の前後の長さ…

この記事は有料記事です。

残り890文字(全文1141文字)