医療・健康Tips

朝ごはんを抜くと「太りやすくなる」科学的理由

  • 文字
  • 印刷

 「朝食を抜くと太る」ということは知られていましたが、このほど名古屋大学大学院の研究グループがそのメカニズムを解明しました。実験の結果、朝食を食べないと脂質を代謝する肝臓の働きが遅れ、体温も上がりにくくなってエネルギー消費量が減ったとのこと。逆に言えば、朝食をしっかりとれば肥満やそれに伴う生活習慣病が防げるかもしれません。

 1日3食の食事を中心とした規則正しい生活は健康の基本であり、多くのデータから「朝食を抜くと太りやす…

この記事は有料記事です。

残り1266文字(全文1479文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら