現代フランス健康事情

チーズとチョコ食べてワイン飲んでも長生きする秘密

竹内真里・パリ在住ライター
  • 文字
  • 印刷
食後のチーズ=筆者撮影
食後のチーズ=筆者撮影

 日本では10連休が終わり、こちらは4月後半の復活祭の休みが終わって学校や会社が再開した。5月に入ったのにコートが手放せない肌寒い日が続いている。今回は、休暇中に味わったチョコレートとチーズのおいしさを思い出しながら、フランスの全国栄養プログラムを紹介する。

適量のチョコレートは体によい?

 チョコレート嫌いのフランス人を見たことがない。特に復活祭前後はクリスマスに次ぐ大量消費期。エッグハントのイベントが各地で開かれ、卵形のチョコレートをむしゃむしゃ食べる。子どもたちにはうれしい習慣だ。

 小さいころは「チョコレートを食べすぎると鼻血が出る」と言われ、甘いものや刺激物は食べないように育て…

この記事は有料記事です。

残り2211文字(全文2505文字)

竹内真里

パリ在住ライター

1978年千葉県生まれ。2000年から2002年までフランス南部マルセイユに滞在。その後、東京や香港でライターとして取材・執筆に従事。2015年に再びフランスへ。現在はパリ市内でフランス人の夫、娘と暮らしながら現地情報を発信している。