ヘルスデーニュース

虫垂切除でパーキンソン病リスクが高まる?

  • 文字
  • 印刷

 虫垂切除術を受けた患者は、受けなかった患者に比べてパーキンソン病を発症するリスクが高まる可能性があることが、米ケースウエスタンリザーブ大学のMohammed Sheriff氏らの研究で明らかになった。この研究結果は、米国消化器病週間(DDW 2019、5月18~21日、米サンディエゴ)で発表された。

 Sheriff氏らは、米オハイオ州を拠点とする電子カルテ専門メーカーのデータを用いて、26カ所の医…

この記事は有料記事です。

残り1144文字(全文1345文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら