今日のセカンドオピニオン

思春期の子どもに多い「抜毛症」無意識のことも

  • 文字
  • 印刷

【Q】小学6年の娘のまつ毛とまゆ毛が約3年前からなくなってきました。他に異常はなく、自分で抜く素振りはありません。塗り薬の効果もありません。(熊本市、女性)

【A】自分で無意識または衝動的に手の届きやすい場所の毛を抜く「抜毛症(抜毛癖)」が強く疑われます。思春期の学童、特に女児に多い疾患です。

 まゆ毛やまつ毛だけに円形脱毛症が起こることはありますが、頭部の重症な円形脱毛症が先行することがほとんどです。今回、頭部に脱毛がないようなので、自分で無意識または衝動的に手の届きやすい場所の毛を抜く「抜毛症(抜毛癖)」が強く疑われます。

 というのは、10歳前後の学童、特に女児に多い疾患です。思春期が始まり精神的に不安定になるほか、学業…

この記事は有料記事です。

残り630文字(全文945文字)