医療・健康Tips

「脂肪肝は生活習慣病」NAFLD・NASHとは

  • 文字
  • 印刷

 脂肪肝になるのは、お酒をよく飲む人だけとは限りません。食べ過ぎや運動不足が招く非アルコール性の脂肪肝は、進行すると肝炎から肝硬変、肝がんに至ることも。「お酒を飲まないから大丈夫」と過信せず、脂肪肝を指摘されたら定期的に検査を受けましょう。

非アルコール性の脂肪肝とは?

 食べ過ぎや運動不足により、摂取した栄養が十分に消費されない状態が続くと、肝臓は中性脂肪を蓄積します。脂肪肝はこの中性脂肪が多くなった状態で、飲酒が関係するアルコール性のものと、アルコールをあまり飲まない人がなる脂肪肝があります。後者とそれによって起こる肝臓の病気は「非アルコール性脂肪性肝疾患」と総称され、「Nonalcoholic Fatty Liver Disease」という英語表記から「NAFLD(ナッフルディー)」とも呼ばれます。

 名前は「非アルコール性」ですが、アルコールを全く飲まない人だけでなく、少量(1日の飲酒量が男性なら…

この記事は有料記事です。

残り3373文字(全文3778文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら