ヘルスデーニュース

米国でも中年期に突入した世代に広がる絶望感

  • 文字
  • 印刷

 米国では、中年期に突入した「ジェネレーションX」世代の間で絶望感が広がりつつあることが、米ヴァンダービルト大学医学・健康・社会センターのLauren Gaydosh氏らの調査から明らかになった。30歳代後半から40歳代前半に差し掛かったこの世代では、絶望の指標ともいわれる抑うつや自殺、薬物やアルコールの乱用が全般的に増えていることが分かった。この結果は「American Journal of Public Health」5月号に発表された。

 ジェネレーションXは、1960年代初頭または半ばから80年代前半までに生まれた世代を指す。Gayd…

この記事は有料記事です。

残り1249文字(全文1523文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら