医療・健康Tips

目によいといわれる栄養成分の科学的根拠は?

  • 文字
  • 印刷

 健康効果をうたったさまざまな健康食品やサプリメント、民間薬などが溢れています。そのなかで、「目によい」といわれているものも多数あります。実際の効果はどうなのでしょうか。目によいといわれている成分について調べてみました。

 まず、「ルテイン」について。ルテインはカロテノイドといわれる色素成分のひとつです。食物ではほうれん草やパセリなどの緑黄色野菜や卵の黄身などに多く含まれています。ルテインは目の網膜の中心部の黄斑(おうはん)といわれる部分に存在していて、ブルーライトの吸収や、活性酸素の働きを抑制し、網膜を正常に保つことに関わっていることがわかっています。

 ルテインには加齢黄斑変性という病気に対して、予防したり進行を抑えたりする効果がみられるという研究報…

この記事は有料記事です。

残り1179文字(全文1508文字)