ヘルスデーニュース

電子タバコでインフルエンザにかかりやすくなる?

  • 文字
  • 印刷

 インフルエンザウイルスへの感染を防ぐには、せきやくしゃみをしている人から遠ざかる以外にも、電子タバコの使用をやめた方がよいかもしれない。米ノースカロライナ大学チャペルヒル校環境医学・喘息・肺生物学センターのMeghan Rebuli氏らが実施した小規模研究で、紙巻きタバコや電子タバコを使用する人では、喫煙しない人と比べて免疫反応に変化が生じ、インフルエンザに罹患しやすいことが分かった。特に電子タバコを使用すると、男性よりも女性の方がインフルエンザにかかりやすい可能性があるという。研究結果の詳細は、米国胸部学会(ATS 2019、5月17~22日、米ダラス)で発表された。

 米疾病対策センター(CDC)によると、電子タバコは、装置内やカートリッジ内の液体(リキッド)を電気…

この記事は有料記事です。

残り1314文字(全文1653文字)