今日のセカンドオピニオン

頻繁なげっぷやおなら「飲み込み癖」が原因かも

  • 文字
  • 印刷

 特に臼歯を合わせた状態では、1回の唾液飲み込みで3~5ミリリットルの空気が同時に胃に送り込まれます。つまり、飲み込み頻度が多いと、おならやげっぷも増える傾向になります。

 臼歯をかみ合わせる理由は、その人の癖だけでなく、「固唾(かたず)をのむ」という言葉があるようにストレスによる緊張の関与があります。あごを動かす筋肉が緊張するので、頭や首、目の痛み、肩こりなど多様な症状が表れることがあります。

 治療では、癖が絡むだけに本人の意識が大切で、発症の仕組みの説明から始めます。無意識に臼歯を合わせる人には特殊なマウスピースを装着してもらい、飲み込み癖の改善を促します。唾液が多い人では唾液を減らす薬を処方します。ストレスが要因になりうるだけに職場や学校での人間関係、家庭環境など背景を探り、対応します。

この記事は有料記事です。

残り542文字(全文892文字)