介護崩壊~2040年への序章

【6月19日公開】「退院奨励」で病院から押し出される患者の悲痛

  • 文字
  • 印刷

 病気やけがで入院した人の平均在院日数は年々短くなっている。長期入院すればするほど診療報酬が減るよう厚生労働省が誘導しているからだ。「2日後に退院するので急いでケアプランを作って」。あまりに急な病院の依頼に混乱する介護事業所、機械的に退院を促され、その後の治療に不安を覚える患者。病院の外に“安心”は用意されているのか。