介護崩壊~2040年への序章

都市部に乱立“患者が知らない”在宅クリニックの闇

医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
 
 

 高齢者の在宅介護と医療は地続きだ。要介護の人は何らかの不調を抱えて医療ケアを受けていることが多い。では病院や施設ではなく、在宅医療を選んだ人は今、十分な医療を受けられるのか。全国にはさまざまな形の在宅医療クリニックがあるが、医師の職業意識と技術は玉石混交。安心して任せられないような程度の低い在宅医もいる。私たちはどんな在宅医を選べばいいのか。【毎日新聞医療プレミア/吉永磨美、鈴木敬子、中村好見】

<連載「介護崩壊」トップページはこちら>

この記事は有料記事です。

残り3071文字(全文3291文字)

医療プレミア編集部

毎日新聞医療プレミア編集部は、国内外の医師、研究者、ジャーナリストとのネットワークを生かし、日々の生活に役立ち、知的好奇心を刺激する医療・健康情報をお届けします。