ヘルスデーニュース

「1日4400歩程度」でも高齢女性の死亡リスク減

  • 文字
  • 印刷

 「1日1万歩が健康に良い」と信じている人は多いだろう。しかし、米ハーバード大学医学大学院のグループが行った研究で、平均年齢72歳の高齢女性は、1日の歩数が4400歩程度でも、2700歩程度の人と比べて全死亡リスクが41%低いことが明らかになった。1日の歩数が増えるほど全死亡リスクはさらに低下したが、その効果は1日7500歩前後で最大に達し、歩数をそれ以上増やしてもさらなるベネフィットは得られないことも分かった。研究の詳細は「JAMA Internal Medicine」5月29日オンライン版に掲載された。

 この研究は、米国の大規模コホート研究「Women’s Health Study(WHS)」に参加した、平均年齢72歳の健康な高齢女性1万6741人を対象としたもの。2011~15年の間に、参加者には日中に活動量計を7日間装着してもらい、歩数と歩行強度を評価。平均で4.3年間追跡し、1日当たりの歩数および歩行強度と死亡リスクとの関連を調べた。

この記事は有料記事です。

残り1077文字(全文1505文字)