ヘルスデーニュース

英ヨーク大が世界各国の川から抗菌薬を検出

  • 文字
  • 印刷
抗菌薬濃度の調査対象になった河川の一つ、英国のテムズ川
抗菌薬濃度の調査対象になった河川の一つ、英国のテムズ川

 世界各地の河川では、抗菌薬による汚染が深刻化していることが、英ヨーク大学環境科学教授のAlistair Boxall氏らの調査で明らかになった。環境安全基準の300倍に上る濃度の抗菌薬が検出された河川もあったという。同氏は、世界中の河川で抗菌薬による汚染が深刻化していることを実証した今回の調査結果は「驚きと同時に懸念を与えるものだ」とし、不適切な抗菌薬使用に警鐘を鳴らしている。研究結果は、環境毒性化学会(SETAC、5月26~30日、フィンランド・ヘルシンキ)で発表された。

 Boxall氏らが、世界6大陸72カ国の河川を対象に、汎用されている14種類の抗菌薬の濃度を調べたところ、65%で1種類以上の抗菌薬が検出されたことが分かった。

 今回の調査で最も広く検出された抗菌薬は、主に尿路感染症の予防や治療に使用される「トリメトプリム」で、711カ所中307カ所(約43%)で検出された。一方、安全基準を超えた頻度が最も高かったのは、細菌感染症の治療に用いられる「シプロフロキサシン」で、51カ所で基準値超えの数値を記録した。

この記事は有料記事です。

残り844文字(全文1309文字)