ヘルスデーニュース

電子たばこを吸う米成人は約6割が「やめたい」

  • 文字
  • 印刷

 電子たばこを使用している米国成人の3人中2人弱は、「電子タバコをやめたい」と考えていることが、米ラトガース大学心理学科のRachel Rosen氏らの調査で明らかになった。4人中1人以上は過去1年間に電子たばこをやめようと試みていたことも分かったという。調査結果の詳細は「Nicotine & Tobacco Research」4月23日オンライン版に掲載された。

 米国では、約1000万人の成人が電子たばこを使用している。Rosen氏らは今回、米国成人の代表的な標本データを用いて、電子たばこを使用している成人1771人を対象にその使用実態を調査した。調査対象者のほとんどは18~34歳と若く、約57%は男性で、約82%は白人であった。また、電子たばこ使用者の半数以上は従来の紙巻タバコも吸っており、多くは禁煙目的で電子たばこを使用していた。

 その結果、対象者の約62%が「電子たばこの使用をやめたい」と考えていることが分かった。約16%は「1カ月以内にやめる予定」と回答していた。一方、25%以上は過去1年間に電子タバコをやめようと試みたことがあると報告していた。このうち電子タバコを一気にやめようとしていた人の約25%は家族や友人の支援を、約11%は専門家によるカウンセリン…

この記事は有料記事です。

残り821文字(全文1367文字)