介護崩壊~2040年への序章

「介護崩壊の時代」私たちは幸せに死ねるのか

医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
亀田総合病院(千葉県鴨川市)の在宅医療部門を率いる大川薫医師
亀田総合病院(千葉県鴨川市)の在宅医療部門を率いる大川薫医師

 都市部の医療、介護危機は少なくとも2060年ごろまで続く見通しだ。高齢者を病院や施設ではなく地域や自宅でケアする流れはさらに強まるだろう。では、地域や自宅でケアを受けるためにどんな体制が必要なのか。連載「介護崩壊」の専門家インタビュー最終回は、在宅医療のエキスパートで、亀田総合病院(千葉県鴨川市)の在宅診療科部長を務める大川薫医師に、望ましいケア、望ましい地域医療のあり方を聞いた。【毎日新聞医療プレミア/戸嶋誠司】

 ――在宅ケアへの流れは強まるばかりです。でも大都市や地方都市では在宅医療のインフラが十分ではありま…

この記事は有料記事です。

残り3677文字(全文3937文字)

医療プレミア編集部

毎日新聞医療プレミア編集部は、国内外の医師、研究者、ジャーナリストとのネットワークを生かし、日々の生活に役立ち、知的好奇心を刺激する医療・健康情報をお届けします。