ヘルスデーニュース

ゲームで銃を使った子は「本物」への抵抗が薄れる?

  • 文字
  • 印刷

 銃で標的を狙うシューティングゲームをプレイした経験がある子どもは、実物の銃を手に取ることに対する抵抗感をなくしてしまう可能性がある―。そんな研究結果を、米オハイオ州立大学マスコミュニケーション学部長のBrad Bushman氏らが「JAMA Network Open」5月31日オンライン版に発表した。

この記事は有料記事です。

残り1452文字(全文1605文字)