ヘルスデーニュース

ダンス音楽祭のストロボ光がてんかん発作を誘発

  • 文字
  • 印刷

 エレクトロニック・ダンス・ミュージック(EDM)フェスティバルの会場で、ある20歳の若者が初めててんかん発作を起こして意識を失った―。こんな症例はまれではないとする研究結果を、アムステルダム自由大学医療センター(オランダ)のNewel Salet氏らが「BMJ Open」6月11日オンライン版に発表した。強いストロボライトを発する夜間のEDMフェスに参加した観客では、日中のフェスに参加した観客に比べて、ストロボの光が原因でてんかんを引き起こす危険性が3.5倍に上ることが分かったという。

 Salet氏らは今回、2015年にオランダで開催された28のEDMフェスに参加した観客のデータを収集。計40万343人の観客を、ストロボライトを使用した夜間のフェスに参加した24万1543人と、ライトが使用されなかった日中のフェスに参加した15万8800人に分けて、てんかん発作の頻度を比較した。なお、意識消失や筋肉のけいれん、舌を噛む、尿失禁といった症状をてんかん発作の徴候と定義した。

 フェス会場では、計2776回の医療的な処置が行われていた。また計39人がてんかん発作を起こし、うち30人は夜間のフェスに参加した観客だった。分析の結果、夜間のフェスに参加した観客では、日中のフェスに参加した観客に比べて、てんかん発作リスクが3.5倍に上っていた。

この記事は有料記事です。

残り700文字(全文1274文字)