医療プレミア特集

あなたの「セックスの悩み」医学的に解決するヒント

中村好見・毎日新聞 医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
 
 

産婦人科医・大川玲子さんインタビュー【前編】

 セックスレスや性機能不全に悩む人が増えています。性機能不全とは、性交時の機能不全や反応不全、性欲の低下や喪失などを指す疾患の総称。悩みを誰かに打ち明けにくく、また正しい情報を集めにくいことから、なかなかカウンセリングや治療につながらないといわれています。「日本性科学会」理事長で、臨床研究や診療を通じて性の健康の推進に長年取り組んできた産婦人科医の大川玲子さんに、性機能不全の治療法を聞きました。

 ――女性からはどのような相談が多いのですか?

この記事は有料記事です。

残り2374文字(全文2618文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

中村好見

毎日新聞 医療プレミア編集部

なかむら・よしみ 1984年生まれ。2008年に毎日新聞社へ入社、高松支局、和歌山支局を経て15年から医療プレミア編集部。幼少時に家族がくも膜下出血で倒れた経験から、医療とそれを取り巻く社会問題に興味を持つ。関心のあるテーマは公衆衛生、根拠と語りに基づく医療など。twitter:@yoshimi_nakamu