医療プレミア特集

セックス・セラピーが救う「あなたの性と心と体」

中村好見・毎日新聞 医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
 
 

産婦人科医・大川玲子さんインタビュー【後編】

 日本性科学会理事長で産婦人科医の大川玲子さんに、性機能不全の治療について聞く特集の後編は、現代人の性に対する価値観の変化と、性に悩む人へのアドバイスを聞きました。

 ――性機能不全は治せるものなのでしょうか。

 ◆大川玲子さん 心理的な要因が大きくかかわっているケースでは、治療に長期間かかるケースも少なくありませんが、焦らずに取り組むことで、少しずつ改善されていきます。ただ、怖さや痛みから男性器を受け入れられない女性の「挿入障害」で、内診も受けられないため私の勤める病院に相談に来る人は多いのですが、実は途中で治療をやめる人も少なくありません。

 不妊治療の技術が発達して、セックスをしなくても妊娠、出産が可能な時代になりました。「不妊治療で子ど…

この記事は有料記事です。

残り1773文字(全文2118文字)

中村好見

毎日新聞 医療プレミア編集部

なかむら・よしみ 1984年生まれ。2008年に毎日新聞社へ入社、高松支局、和歌山支局を経て15年から医療プレミア編集部。幼少時に家族がくも膜下出血で倒れた経験から、医療とそれを取り巻く社会問題に興味を持つ。関心のあるテーマは公衆衛生、根拠と語りに基づく医療など。twitter:@yoshimi_nakamu