医療・健康Tips

ラベンダーの香りが不安を鎮める仕組みとは?

  • 文字
  • 印刷

 ハーブの中でも人気の高いラベンダー。ドライフラワーやポプリ、アロマオイルやスプレーなど、さまざまに製品化されています。この香りに含まれる成分は落ち着きをもたらす、リラックスするなどとされますが、実際どのように体内に取り込まれて効果を発揮するのか、その仕組みが鹿児島大学の研究チームによって解明されました。

 研究された成分は、リナロールという、ラベンダーの主要な香気。リナロールは、実はラベンダーのみならず、ローズウッド、ミント、ベルガモット、ネロリ、シナモンなど、さまざまな植物に含まれる香気成分で、鎮痛・鎮静・抗炎症効果、不安をやわらげるリラックス効果などがあるとされています。また天然だけでなく、人工的に作り出すこともできる成分です。

この記事は有料記事です。

残り948文字(全文1268文字)