眠りを知れば人生危うからず

「酒気帯び運転」から考える適切な睡眠時間

内村直尚・久留米大学教授
  • 文字
  • 印刷
 
 

 私たち睡眠の専門家は、成人での適正な睡眠時間は6~8時間であると言っています。そもそもなぜこの時間なのでしょう?

 非常に大ざっぱな言い方をすれば、このくらいの睡眠時間が得られれば、昼間に耐えられない眠気に襲われることがないと考えられているからです。また別の観点から言うと「日中の反射運動の維持がどの程度可能か」という点からも、この適正な睡眠時間の正当性を裏付けることができます。睡眠不足によって、人間の能力がどれほど低下するのかを、飲酒した場合と比べて具体的にみてみましょう。

この記事は有料記事です。

残り1983文字(全文2222文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

内村直尚

久留米大学教授

うちむら・なおひさ 1982年、久留米大学卒業。86年に久留米大学大学院医学研究科修了(医学博士)後、87年5月~89年4月に米国Oregon Health Science Universityへ留学。帰国後、久留米大医学部神経精神医学講座の助手、講師、助教授を経て、2007年4月から同講座教授に就任した。11年4月~13年3月、久留米大学病院副病院長。12年4月から久留米大学高次脳疾患研究所長、13年4月から同大医学部長を務め、16年10月からは同大副学長も兼務する。国内トップレベルの睡眠医療チームを率いる睡眠研究の第一人者。著書(分担執筆)に「睡眠学」(朝倉書店)、「プライマリ・ケア医のための睡眠障害」(南山堂)など。