人生の筋トレ術

驚きの破壊力!中高年男性臭の元「皮膚ガス」とは

西川敦子・フリーライター
  • 文字
  • 印刷
 
 

 リョウさん(43歳)にはちょっとした悩みがある。最近、体臭が強くなってきたのでは、という疑念が頭から離れないのだ。立ち話をしていると、女性の部下や同僚はわずかだがあとずさりする。愛想のよい笑顔を浮かべながらも、彼女たちの表情は固まっているようだ。「なんかにおう」という心のつぶやきが聞こえてくるようで、最近は女性と接するのが苦手になってしまった。

 ――もしかすると、ちょっと汗臭い? いや、香り付きの汗拭きシートをこまめに使っているし。

この記事は有料記事です。

残り3080文字(全文3299文字)

西川敦子

フリーライター

にしかわ・あつこ 1967年生まれ。鎌倉市出身。上智大学外国語学部卒業。釣り関連の編集プロダクション勤務、温泉仲居を経て、2001年から執筆活動。経済誌、新聞、人事関連雑誌などで、メンタルヘルスや家族問題、働き方をテーマに取材を続ける。著書に「ワーキングうつ」(ダイヤモンド社)など。