知ってほしい「認知症の大事な話」

「奇妙な言動は胃薬のせい?」妻を救った夫の指摘

小田陽彦・ひょうごこころの医療センター認知症疾患医療センター長
  • 文字
  • 印刷

 今回は、胃薬(胃潰瘍などの治療薬)で「認知症もどき」になることがある、という話をします。前回は「認知症もどき」を起こす風邪薬の話でしたが、今回の胃薬は、風邪薬よりも治療上の重要性が高い薬です。ですから「使わないのがいちばん」という話にはなりません。それでも「認知症もどきになる危険」を頭に入れておいてほしいのです。いざなった時に「胃薬のせいではないか」と疑えれば、薬を中止でき、「認知症もどき」があっさり治ることがあるからです。

この記事は有料記事です。

残り3828文字(全文4043文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

小田陽彦

ひょうごこころの医療センター認知症疾患医療センター長

おだ・はるひこ 1977年、兵庫県西宮市出身。兵庫県立ひょうごこころの医療センター精神科医師。神戸大学医学部卒。医学博士。神戸大学医学部精神科助教、兵庫県立姫路循環器病センター等を経て2017年4月より現職。日本精神神経学会専門医・指導医。日本老年精神医学会専門医・指導医・評議員。著書に「科学的認知症診療」(シーニュ社、2018)