ヘルスデーニュース

減量しても「リバウンドする」仕組みを解明?

  • 文字
  • 印刷

 健康的な体重を維持することは容易でない。せっかく減量に成功しても、すぐにリバウンドしてしまいがちだ。あたかも体そのものが肥満になることを欲しているかのように思える。なぜだろうか? 米ニューヨーク大学医学部のAnn Marie Schmidt氏らの研究から、その答えは、ヒトの進化の過程で構築された、体に脂肪を蓄積する“抗飢餓メカニズム”にある可能性が示された。詳細は「Cell Reports」7月16日オンライン版に掲載された。

この記事は有料記事です。

残り1296文字(全文1513文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら