医療・健康Tips

うつとは違う!?自律神経失調症

  • 文字
  • 印刷

 体がだるい。お腹の調子も悪い。気分も沈みがち。でも、検査を受けても異常はない……そんな場合、よく「自律神経失調症」と診断されるものですね。ストレスが背景にあるため、うつや不安症などの精神疾患との区別が難しいことも。正しい知識をもち、適切なケアにつなげましょう。

体をコントロールする「自律神経」

 私たちは、手足の筋肉などを自分の意思で動かすことができます。その一方、心臓は意思に関係なく動き続けています。また、物を食べると胃腸が自然に動いて消化しますし、暑くなったり寒くなったりしても、体温はほとんど一定に保たれています。

 私たちの体には、少しくらい外部環境が変化しても生命を維持できるよう、意思に関係なく体の状態を一定に…

この記事は有料記事です。

残り2720文字(全文3031文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら