ヘルスデーニュース

自宅近くに樹木が多いと「幸せ」に過ごしやすい?

  • 文字
  • 印刷

 オーストラリアの都市部に住む約4万7000人の男女を6年間追跡した研究から、樹木が多い地域に住んでいる人は、そうでない人に比べて幸福感が強く、健康状態も良好であることが明らかになった。葉の茂った樹木に覆われ、日陰が多い地域に住む人では、追跡期間中に心理的苦痛を経験したとする報告が少なく、全般的な健康状態も良好だった。一方、草地の多い地域の住民では、コンクリートに覆われた地域の住人よりも健康状態が悪いことも分かったという。研究結果は「JAMA Network Open」7月26日オンライン版に発表された。

この記事は有料記事です。

残り1466文字(全文1722文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら