認知症110番

「物忘れに工夫を」年寄り扱い嫌う父

認知症予防財団
  • 文字
  • 印刷
 
 

 80歳の父は一人暮らしをしています。長女の私は近くに住み毎日顔を出しています。病気は高血圧症、膝関節症があり服薬しています。最近物忘れが多くなってきたと意識し、自分なりに工夫して生活しています。サービスを使うことを嫌っています。薬局でもらった薬の袋に名前と朝・昼・夕と書いてあることを嫌がっています。元々プライドが高く「まるでぼけ扱いだ、このくらいできるのに大きなお世話だ、ぼけにだけはならんぞ」といつも憤慨しています。=東京都、娘(52)

この記事は有料記事です。

残り1045文字(全文1266文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

認知症予防財団

認知症の予防・治療に関する調査研究および社会的な介護体制づくり、介護家族への支援活動などを行い、豊かで明るい希望に満ちた長寿社会の実現をめざす公益財団法人です。1990年3月28日、毎日新聞創刊120周年記念事業として毎日新聞社が提唱、医学会や医師会、経済団体連合会などの協力を受け、厚生大臣の許可を得て設立されました。公式サイトhttps://www.mainichi.co.jp/ninchishou/