ヘルスデーニュース

緑茶をたくさん飲む人は糖尿病になりにくい?

  • 文字
  • 印刷
 おいしいお茶のいれ方を学び、抹茶を味わう子どもたち
おいしいお茶のいれ方を学び、抹茶を味わう子どもたち

 緑茶の成分が体内で変化した物質「エチルアミン」の血中濃度が高い人は、2型糖尿病になりにくい可能性があることが、福岡県久山町の住民を対象とした大規模疫学調査「久山町研究」から明らかになった。九州大学大学院衛生・公衆衛生学教授の二宮利治氏らが「Diabetes Care」7月号に発表した。

 二宮氏らの研究チームは、2007年に健診を受けた、糖尿病のない40~79歳の久山町住民2253人を、7年間追跡した。

 この際に、緑茶の成分の一つ「テアニン」の代謝産物「エチルアミン」が、緑茶を摂取してから24時間以上、血清中に残り、血清エチルアミン濃度が、緑茶摂取量を反映する客観的指標になり得る点に着目。対象者を、血清エチルアミン濃度で4つのグループ(0.86ng/mL以下、0.87~2.10ng/mL、2.11~5.28ng/mL、5.29ng/mL以上)に分け、各グループがその後、2型糖尿病を発症した割合を…

この記事は有料記事です。

残り811文字(全文1216文字)