実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-

「エボラ」流行抑止の鍵はワクチンと政府への「信頼」

谷口恭・太融寺町谷口医院院長
  • 文字
  • 印刷
エボラ出血熱に感染したが、回復した人たち=シエラレオネ東部カイラフン地区で2015年12月1日、服部正法撮影
エボラ出血熱に感染したが、回復した人たち=シエラレオネ東部カイラフン地区で2015年12月1日、服部正法撮影

 コンゴ民主共和国で流行が続くエボラ出血熱について、2019年7月17日、世界保健機関(WHO)は緊急事態を宣言しました。昨年7月にいったん「終息」を宣言したのですが、その直後の昨年8月1日には、再び同国でエボラ感染者が報告され、その後も感染者数が増えて事態は悪化したのです。今回はWHOの発表や現地の情報を詳細に伝えている海外のメディアなどから現在の状況を振り返り、今後の展開を予想してみたいと思います。

 エボラ出血熱について、前回(実験段階のワクチンでエボラ流行が終息)お伝えしたのは1年前でした。そのときは「実験段階ながら、効果がありそうなワクチンが開発されたこと」「18年7月24日にWHOが終息宣言を出したこと」などを紹介しました。また、ワクチンの有効性が不透明なことや、副作用が充分に検討されていないという問題があるものの、ひとまず安心できるのでは、と述べました。

 ところが、事態は急激に悪化しました。終息宣言からわずか8日後の18年8月1日、再びコンゴ民主共和国でエボラ感染者が報告され、その後はほとんど最悪といっていい展開となっています。感染者数が増加の一途をたどり、正しい知識が広がらず誤解がはびこるなか、悲劇がさらなる悲劇を生んでいます。政府への不信感が大きくなり、人道的支援で入国している外国の団体や医療支援組織も住民から攻撃を加えられています。武装集団…

この記事は有料記事です。

残り2638文字(全文3226文字)

谷口恭

太融寺町谷口医院院長

たにぐち・やすし 1968年三重県上野市(現・伊賀市)生まれ。91年関西学院大学社会学部卒業。4年間の商社勤務を経た後、大阪市立大学医学部入学。研修医を終了後、タイ国のエイズホスピスで医療ボランティアに従事。同ホスピスでボランティア医師として活躍していた欧米の総合診療医(プライマリ・ケア医)に影響を受け、帰国後大阪市立大学医学部総合診療センターに所属。その後現職。大阪市立大学医学部附属病院総合診療センター非常勤講師、主にタイ国のエイズ孤児やエイズ患者を支援するNPO法人GINA(ジーナ)代表も務める。日本プライマリ・ケア連合学会指導医。日本医師会認定産業医。労働衛生コンサルタント。主な書籍に、「今そこにあるタイのエイズ日本のエイズ」(文芸社)、「偏差値40からの医学部再受験」(エール出版社)、「医学部六年間の真実」(エール出版社)など。太融寺町谷口医院ウェブサイト