今日のセカンドオピニオン

骨折手術後の慢性痛には局所麻酔や光線療法が有効

  • 文字
  • 印刷

Q 左ひじを骨折し、手術後、左手首と指の痛みがとれません。手専門の整形外科で「反射性交感神経性ジストロフィー」と診断されました。手術の麻酔と関係はありませんか。またリハビリはどうすればいいでしょうか。(堺市、女性、70歳)

A 局所麻酔薬注射や光線療法で治療します。

 内臓や血管などの各種臓器は、全身に分布する交感神経系と副交感神経系に支配されています。交感神経系は主に臓器の働きを促進する働きを受け持っており、筋肉や血管では、収縮する方向に作用します。

 反射性交感神経性ジストロフィーは、骨折やねんざ、肉離れなどの外傷を機に、交感神経系が作用し、血管な…

この記事は有料記事です。

残り742文字(全文1021文字)