超高齢化時代を生きるヒント

「どこで生きるか」を決めるのは医師でなくあなた

小野沢滋・みその生活支援クリニック院長
  • 文字
  • 印刷
 
 

「あなたは、もう自宅には帰れません」

「自宅退院は無理ですよ。療養型病院に行きましょうね」

「母が倒れてしまうので、父を入院させてください」

「ご主人が自宅に帰ってきたら、奥さんが大変だからそのまま入院させておいてください」

 老いて病気になり、もはや1人で動くのが大変だと思われた途端、医師や看護師、相談員、そして時には家族までもが高齢者の意思に関係なく、これらの言葉を発して自宅で過ごすことを何とか止めようとします。実際に私が見聞きした言葉です。

 どのケースでも、高齢者本人は自宅に戻りたい、自宅で過ごしたいと思っているのに、その希望はかないませ…

この記事は有料記事です。

残り2661文字(全文2932文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

小野沢滋

みその生活支援クリニック院長

おのざわ・しげる 1963年相模原市生まれ。90年東京慈恵会医科大学医学部卒業。在宅医療をライフワークにしようと、同年から亀田総合病院(千葉県鴨川市)に在籍し、99年同病院の地域医療支援部長に就任。22年間、同病院で在宅医療を中心に緩和医療や高齢者医療に携わってきた。2012年に北里大学病院患者支援センター部副部長を経て、13年に同トータルサポートセンター長に就任。同病院の入院患者に対して、退院から在宅医療へスムーズに移行できるよう支援してきた。16年相模原市内で在宅医療専門の「みその生活支援クリニック」を開設。亀田総合病院在宅医療部顧問。日本在宅医学会認定専門医。プライマリケア連合学会認定医、日本緩和医療学会暫定指導医。日本在宅医学会前理事。日本医療社会福祉協会理事。一般法人社団エンドライフケア協会理事。相模原町田医療介護圏インフラ整備コンソーシアム代表。